MEO������

Googleの新しい集客対策MEO!

検索シェア7割を誇るGoogleで最強の集客サービスが登場。 SEOよりも安価で効果的に集客ができるMEO 注目の新サービスが優れている点と基本情報をご紹介します。

そもそもMEOとは何ぞや…?

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、“マップ検索エンジン最適化”という意味となります。 同じような言葉でSEOという言葉はすでにご存じかと思いますが、 こちらはSearch Engine Optimizationの略で、”検索エンジン最適化”という意味となります。 ともに地図検索・検索エンジンを最適化させ、自社サイトなどを上位表示させる対策のことを指します。 具体的に言うと…MEOでは下記画像の赤枠部分の上位化を指します。

そもそもMEOとは何ぞや…? そもそもMEOとは何ぞや…?

集客への効果は?

Googleマップは、「地域名+業種」「地域名+サービス」または「業種+地域名」「サービス+地域名」を検索した際に表示され、 一般的な検索ユーザーの動き(検索ワード)に連動し、表示されやすい傾向にあります。 また、MEOはSEOよりも効果的に集客が可能です。

MEOが集客に優れている3つの理由

1. 検索結果上位に表示される

一般的にSEO対策でも言えることですが、検索結果上位であればあるほどクリック率が高く、集客に効果的といえます。 MEOがSEOよりも優れている点として、表示される枠自体が検索結果よりも上位に位置していることが言えます。 下記図ではPC・スマホともに検索結果よりもGoogleマップ枠が上位にあり、なおかつその中でも3位までが大きく表示されています。 すなわち、通常のSEO対策よりも上位に位置しているので、集客効果が高いのです。 直接のクリック率はGoogleマイビジネス内では測ることはできませんが、
表示回数・間接検索では表示回数は2倍~数十倍、間接検索(地域名+サービスなど)からのアクセスは約3倍近く上昇した
とのデータもあります。 検索結果上位に表示される 一般的な検索ではユーザーが目的とする検索内容と検索結果が離れている場合があり、その結果直帰率の上昇(ユーザーが目的としている検索結果ではない)につながります。 しかし、その反面MEOでは「地域名+業種」「地域名+サービス」または「業種+地域名」「サービス+地域名」で検索した際に表示される仕組みとなり、ユーザーの目的意識がはっきりとしています。 そのため、よりユーザーの意図に沿った検索結果の表示、さらに上位表示からクリック
→コンバージョンへつながりやすいツール
といえるでしょう。 ※ネット上の情報では約40%のユーザーが検索から24時間以内に実際に店舗を訪問しているとのデータもあります。

2. スマホ検索ユーザーの増加

スマホユーザの増加に伴い検索エンジンも進化を遂げてきました。 その中でユーザービリティの向上の一環として、右カラムのリスティング枠が現在ではなくなり、競合広告が少なくなりました。 つまり、MEOの露出が増えアクセス機会が増加したのです。 さらにスマートフォンでは現在地が自動的に取得され、
”業種”、または”サービス名”だけでもMEOが表示されるように仕様が変更されています。
(Googleのヴェニスアップデートの影響) 渋谷区で「居酒屋」を検索すれば、自動的に渋谷区周辺の居酒屋結果を表示されるのです。 → 表示機会が増加 結果としてスマホユーザーの増加によりMEOの表示頻度の増加とリスティングの減少、
さらにスマホに特化したアルゴリズムの変動により、表示機会の増加が集客に効果的に作用しているのです。

3. 費用対効果が高い

MEOの優れている点として即効性が高い点が挙げられます。 対策から早ければ1週間~2週間で効果が見え始めるため即効性の高い対策といえます。 SEO対策では年々難易度が高まり、効果が見えるまでに3か月~1年と長い期間と費用が掛かります。 また、費用の面でも○○十万円以上と高額なSEO対策と異なり、
日額成果報酬にて対応可能なMEOはコストパフォーマンスに優れたサービスといえるでしょう。

今が旬!MEOはスマホの時代に特化した集客サービス

今が旬!MEOはスマホの時代に特化した集客サービス

MEOはスマホユーザーが増え続けている中新しい集客サービスとして注目されています。 今後もSEO対策は難易度を上げていくことでしょう。 高額な費用を払いSEO対策を続けていきますか? 競合店舗が登録していない場合はチャンスといえます。逆に競合がすでに登録を行い最適化を行っていた場合は お客様をとられている可能性が高く、すぐに行動することが必要でしょう。 ほとんど企業がホームページを持つ中でMEOに関しては未だにオーナー登録すらしていない方も見受けられます。 すなわち飽和状態のSEO対策よりMEO対策は競合が少なく効果的に集客することが可能なのです!

MEOに必要な事

初めの一歩として、まずはビジネスオーナーの登録から始まります。 地域名+サービスであなたのサービスが「このビジネスのオーナーですか?」と表示されている場合は、 ビジネスオーナーの登録がされていない状況となります。 この段階ではGoogleが作った簡単な情報しか記載されていません。

MEOに必要な事

MEO初めの一歩…ビジネスオーナー登録手順

ビジネスオーナーの登録は上記「このビジネスのオーナーですか?」から登録が始まります。

1:「このビジネスのオーナーですか?」をクリック

2:手順に従い各項目を入力

2-1:ビジネス名の入力

MEOに必要な事 MEOに必要な事

2-2:ビジネス所在地の入力・所在地の正確な位置をマーク

MEOに必要な事 MEOに必要な事

2-3:ビジネスのカテゴリ検索・連絡先の設定

MEOに必要な事 MEOに必要な事

3:オーナー登録の認証方法の選択へ

2の手順を完了すると認証に必要な確認コードを選択する画面が表示されます。認証には2種類あります。 ※サービス種別によっては電話認証ができない場合があります。 電話での認証→登録した電話番号で確認コードが受け取れるのですぐに完了します。 郵送での認証→確認コードが記載されたはがきが郵送されてくるので、確認後コードを入力し完了となります。 ちなみに… はがきでの通達はこちらのようなはがきで来ました。

MEOに必要な事

すごくシンプル…Googleらしい。

MEO基本情報掲載時のポイント

オーナー認証が完了すれば後は自由に編集することが可能です。 記載できる箇所に関しては埋めるようにしましょう。 また、編集の際はサイテーションに注意して記載するようにしましょう。

※サイテーションとは

日本語で「言及・参照」という意味となるサイテーションはお店の情報(店名・住所・電話番号など)という意味となります。イメージとしてはSEO対策における被リンクのようなイメージとなります。 サイテーションはMEOにおいて順位決定の重要な要素と言え、ネット上ですべて統一されていることが好ましいとされています。

※サイテーションとは

この場合、Aサイト、Bサイトで内容としては同じですが、表記が若干ことなります。この違いを統一することがMEOにおいて重要で順位決定に良い影響を与えるとされています。複数のサイトで統一されていない場合は少しづつ統一するようにしましょう。

その他、MEOのコツ

評価イメージ

・上位化を希望しているキーワードを基本情報に入れる ・上位化を希望しているキーワードとマッチした業種を選択する ・Googleインドアビューの登録 ・口コミを集める

MEOサービスは
弊社にお任せください

MEOは上記基本事項・コツさえつかんでしまえば誰もが行うことができます。 しかし希望とするキーワードでの上位化は、経験とノウハウが効果的に作用します。 弊社では上位化に効果的な要因を内部施策と外部施策の両面から最適化を行い、効果的に上位へ導きます!

MEOのノウハウを弊社専門スタッフがお客様に代わり対策させていただきます!

MEOサービスの流れ

STEP1 上位化を希望するキーワードを1つ選定していただきます。

※希望キーワードをもとに類似キーワードを3つご提案させていただき、合計4KWにて対策を進めさせていただきます。

STEP2 申込書の送付。

キーワード決定度、申込書を送付させていただきます。

STEP3 Googleマイビジネス(管理者権限)の共有。

内部施策(編集用)にGoogleマイビジネスの共有(管理者権限)をいただきます。

STEP4 対策開始(マイビジネスの編集・外部施策(口コミ等)の実施)。

※画像登録など必要に応じてご提供をお願いする場合がございます。

お問い合わせはこちらこちら