03-6789-5005

求人採用に!Googleしごと検索の求人掲載に対応致します!

Googleしごと検索

Googleしごと検索をご存知ですか?

Googleで【業種名+求人】、【地域名+業種名+求人】で検索した際に表示される求人ボックスのことをGoogleしごと検索(Google for jobs)と言います。 このGoogleしごと検索に自社サイトの求人情報を掲載することができちゃうのです! Googleしごと検索のメリットは何と言っても無料で掲載ができること! そして大手媒体でよくある多額の費用を払わないと上位表示されない(見てもらえない)といったこともありません。 ユーザーとしても距離で絞り込みができるので近隣の求職者にアプローチができます。

Googleしごと検索に掲載

求人募集の悩み

求人募集したいけどコストを抑えたい

人材がなかなか集まらないが妥協したくない

そもそも求人はどこで募集をしたらいいかわからない

求人掲載の悩み

そんな中で人材を集めるにはどうしたらいいのか、お悩みの方からお問い合わせをいただきます。

求人募集では何を活用しますか?

まず思い浮かぶのは自社サイト、ハローワークなどの無料求人媒体と大手求人媒体、業界に特化した転職サイトもあることでしょう。

ハローワークの特徴

  • 無料で求人を出せる
  • しかしなかなか欲しい人材が集まらない

大手求人媒体や業界特化の転職サイトの特徴

  • 欲しい人材が見つかりやすい
  • しかし掲載費用や成果報酬が高額

それぞれメリット、デメリットがありますが、求人募集の掲載媒体を増やして窓口を増やすのはいかがでしょうか?
そこで、自社の求人ページを持っている方に朗報です!
費用を掛けずに掲載する媒体を増やすのはいかがでしょうか?
自社求人ページを持っている企業、店舗様におすすめさせていただく媒体がGoogleしごと検索です。

Googleしごと検索に求人を掲載するには?

どうやってGoogleしごと検索に掲載するのかというと求人ページ構造化データと呼ばれるコードを求人内容に合わせた形でマークアップして入れる必要があります。

構造化データがわからない

求人ページに構造化データを入れる??

コード?マークアップ??

構造化データとは?

構造化データを読めない

どういうことかと言いますと、人は求人ページの文章を読むことで
「これは求人情報のことだね」
「どこの会社がどんな仕事をどんな要項で募集しているのかな?」
という所を理解しますが、Googleしごと検索のシステムであるロボットはその文章をスムーズに理解することができません。

構造化データを読める

Googleしごと検索のシステムであるロボットは人と違うため、理解してもらいやすいように
「これは求人情報だよ」
「この会社がこんな仕事をこんな要項で募集しているよ」
と記述することが重要でその書き方として構造化データがあります。

つまり、Googleしごと検索に適した形として求人情報を読みやすい形(構造化データ)記述(マークアップ)する必要があるわけです。
これを理解して作成するのが知識のある方でないと難しい内容となっています。
そこで求人用の構造化データを作成代行させていただくサービスをご用意させていただきました。

Googleしごと検索の構造化データ作成代行

サーチファンではヒアリングシートを送らせていただき、その内容を元に構造化データを作成させていただきます。

ご用意いただく物

  • 1.ご自身の求人サイトをご用意いただきFTP情報を共有していただきます。
  • 2.送らせていただくヒアリングシートの項目を埋めてご返信ください。
  • 3.求人サイトを登録しているサーチコンソールのアカウントログイン情報を共有していただきます。
Googleしごと検索でご用意いただく物

Googleしごと検索掲載までの流れ

行なっていただくのはSTEP1のみ!

-ご依頼後の流れ-

STEP1

ヒアリング
作業者:お客様

ヒアリングシートを送らせていただきます。
ご記入いただきご返送ください。

ヒアリング

STEP2

構造化データの作成
作業者:弊社

ヒアリングシートを基に弊社で構造化データを作成して実装させていただきます。

構造化

STEP3

クロール申請
作業者:弊社

サーチコンソールからクロール申請を行ないます。
数日から数週間で反映されます。

クロール申請

料金

Googleしごと検索の構造化データ
求人掲載

30,000円(税別)/1業種

(2業種目以降+15,000円


安心の成果報酬
自社求人1ページにつき1業種掲載できます!


お問い合わせはこちら

ページの先頭へ